本文へ移動

排水管理事業

槽内洗浄業務

ビルなどの地下施設の排水管は下水道本管より低い場所にあるため、地下で使用された排水は一旦最下層にある汚水槽・雑排水槽に溜められます。
その後、ポンプ設備を用いて下水道本管へと放流される仕組みになっております。
汚水・雑排水槽内に汚泥が滞留すると悪臭や害虫発生の原因となり、槽内の清掃・洗浄が必要となります。
これらの設備の清掃は、建築物衛生法により年2回以上、定期的に行う必要があります。

排水管清掃・カメラ調査業務

建築物の経年とともに排水管の中には油脂等が付着するため、流量能力の低下、悪臭、衛生害虫の発生や排水管の劣化の原因となります。
排水管の洗浄作業を行い、排水管内の付着物を除去することで、排水設備の本来の機能を回復し排水不良等のトラブルを未然に防止できます。
また、小型カメラを使用し、排水管の劣化状況や不備点の調査を行っております。
 
TOPへ戻る